法定相続分

『相続人が複数いる場合、各相続人はどれだけの遺産をもらえるのか』は気になるところだと思います。法定相続分とは、法律で認められた「各相続人が自分の権利として受け取ることができる遺産の割合」と言えます。

法定相続分は、被相続人と相続人の関係によって決まります。

配偶者の法定相続分

配偶者の相続分は、配偶者以外の相続人が誰であるかによって代わります。

他の相続人 配偶者の法定相続分
第1順位 (子供) 2分の1
第2順位 (直系尊属) 3分の2
第3順位 (兄弟姉妹) 4分の3
いない 全て(100%)

子供(第1順位)の法定相続分

被相続人に配偶者がある場合は2分の1、なければ全て(100%)を第1順位の相続人が相続します。
相続人が数人あるときは均等に分けます。

実子・養子に差は有りません。
例外として、非嫡出子の法定相続分は嫡出子の2分の1になります。

親(第2順位)の法定相続分

被相続人に配偶者がある場合は3分の1、なければ全て(100%)を第2順位の相続人が相続します。
相続人が数人あるときは均等に分けます。

兄弟姉妹(第3順位)の法定相続分

被相続人に配偶者がある場合は4分の1、なければ全て(100%)を第3順位の相続人が相続します。

相続人が数人あるときは均等に分けます。
実の兄弟姉妹・親の養子縁組による義理の兄弟姉妹に差は有りません。
例外として、父母の一方だけが同じ兄弟姉妹の法定相続分は、両親共に同じの兄弟姉妹の2分の1になります。
なお、父母の一方だけが同じ兄弟姉妹のことを『半血』、両親とも同じ兄弟姉妹を『全血』と法律用語では呼んで
います。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-193-552 受付時間 9:00~18:00(日・祝日除く)

相続・遺言のメールでお問い合わせはこちら